シャンプーと美髪

シャンプーと美髪

シャンプーと美髪にまつわる記事をまとめています。

『シャンプー』とは主に陰イオン界面活性剤を主成分とした頭髪用洗浄剤のことをそう呼びます。

シャンプーの性質は主成分の界面活性剤を軸に変化するためこの界面活性剤の特性を理解すれば、

髪にダメージを与えないシャンプーを選ぶことも可能です。

 

美髪を維持するためには最も重要なヘアケアアイテムなので、

是非こちらにまとめた記事を参考に自分に合ったものを探してみて欲しいと思います。

「シャンプーと美髪」の記事一覧

シャンプーとリンス ~アニオン界面活性剤とカチオン界面活性剤~シャンプーとリンス ~アニオン界面活性剤とカチオン界面活性剤~

このコラムを読む前に必ずこちらにも目を通してください  ↓  ↓界面活性剤とは?私たちの身近な生活の至るところに活用されている「界面活性剤」ですが、やはりその最も知れるところは「洗剤」特に、「シャンプー」だと思われます。そして意外なことかもしれませんが、実はシャンプーだけでなくそ・・・続きを読む
シャンプーが目にしみる! 目にしみる原因は?シャンプーが目にしみる! 目にしみる原因は?

シャンプーをしているとき、ぎゃーーーー目に入った!!いったーーー(つд⊂)っていう経験をしたことがある人…いや、ていう経験をしたことがない人、そうそういませんよね。シャンプーは目に入るとすぐに流さずにはいれない、大の大人でも軽く暴れだしたくなるような「激痛」が走ります…大体僕たち・・・続きを読む
目にしみないシャンプー? 両イオン界面活性剤とノニオン界面活性剤のはなし目にしみないシャンプー? 両イオン界面活性剤とノニオン界面活性剤のはなし

昨日の記事…シャンプーが目にしみる! 目にしみる原因は?さてさて、シャンプーが目にしみるのは、シャンプーに入っている「界面活性剤」と「アルカリ剤」のせいである、と昨日お話をさせていただきました。おさらいですが、問題です。一番目に入ったら痛い洗剤はなんでしょうか。はいそうですね、セ・・・続きを読む
頭皮の脂は残さず落とせ…? 「皮脂」は私たちを守っている頭皮の脂は残さず落とせ…? 「皮脂」は私たちを守っている

最初にまずはこちらの画像をご覧ください。某シャンプーのクレンジングの画像です。これだけでなく、某美容師さんのシャンプー分析サイトでもこのように頭皮脂の洗浄力を比べて比較していましたね。確かに一見するとこの写真でも、上の頭皮より下の頭皮の方が清潔ですし、健康的に見えますね。しかしこ・・・続きを読む
“低洗浄力=良いシャンプー”に潜む落とし穴“低洗浄力=良いシャンプー”に潜む落とし穴

「シャンプー解析」においてよくある評価の方式なのですが、洗浄力が高い=ダメシャンプー洗浄力が低い=良いシャンプーみたいな評価がなされがちです。恐らくこの風潮を作ったのは紛れもなく、現在シャンプー解析の第一人者でかのビッグサイトを運営するあの人でしょう。しかし現状多くの現場主義の美・・・続きを読む
現代人の髪は油まみれ ~プレシャンプーの必要性~現代人の髪は油まみれ ~プレシャンプーの必要性~

忙しい忙しいとは言いつつも、ブログが気になる今日この頃…ランキングの順位はやはり落ちていますが、実はアクセス数はむしろ向上しています(^-^)皆様いつも応援ありがとうございますm(_ _)mさて今日は少し時間が出来ましたのでかずのすけお得意のヘアケアの話を少しさせていただきますね・・・続きを読む
「なんだか髪の調子が悪い!」時の対処法「なんだか髪の調子が悪い!」時の対処法

新しいシャンプーやトリートメントにしてみて、最初はとっても使い心地が良かったのにある時から徐々に髪の調子が悪くなってきた・・・そんな風に感じた経験はありませんか?多くの場合は「シャンプーやトリートメントが合っていなくて髪が傷んできてしまったんだ」と自己解釈して髪の毛をバッサリ切っ・・・続きを読む
ヘアケアの 「ライン使い」 やめませんか。ヘアケアの 「ライン使い」 やめませんか。

どんなヘアケアブランドでもほとんどがそうであるように、同じブランドの中でシャンプー・トリートメント・コンディショナー…というように、「ライン」と呼ばれるものが準備されています。まるで「このシャンプーにはこのトリートメントが一番合います」という風に見えてきますが、実はその考え方は大・・・続きを読む

かずのすけ流シャンプーの種類① 「洗浄特化型シャンプー」かずのすけ流シャンプーの種類① 「洗浄特化型シャンプー」

これはあくまでも僕個人の考え方なのですが、僕達の髪と地肌を洗う「シャンプー」という洗浄剤には大きく分けて2通りの種類があると思うのです。それはしっかりと地肌や髪の汚れを落とすという効果を追求した「洗浄特化型シャンプー」そしてケミカルダメージの後処理や補修的な効果など特別な作用を追・・・続きを読む

かずのすけ流シャンプーの種類② 「付加効果型シャンプー」かずのすけ流シャンプーの種類② 「付加効果型シャンプー」

前半はこちら→かずのすけ流シャンプーの種類① 「洗浄特化型シャンプー」◎「付加効果型シャンプー」の例こちらの例を幾つか紹介すると、・ナプラ ケアテクトシリーズ→ケアテクトHBカラーシャンプー・ナプラ インプライムシリーズ →インプライム シルキースムースシャンプー・オブコスメテ.・・・続きを読む
シャンプーは2つ用意!~「メインシャンプー」と「プレシャンプー」~シャンプーは2つ用意!~「メインシャンプー」と「プレシャンプー」~

これもリクエストを受けたので追加記事を書きたいと思います(^-^)前回の記事↓現代人の髪は油まみれ ~プレシャンプーの必要性~よくある話なのですが、昨今解析サイトの普及で主にアミノ酸系洗浄剤をベースにした「低洗浄力シャンプー」が人気を博していますね。ただ、これらの低刺激シャンプー・・・続きを読む
「相性の良いシャントリ」とは ~洗浄と皮膜のバランスを読む!~「相性の良いシャントリ」とは ~洗浄と皮膜のバランスを読む!~

シャンプーとトリートメントはライン使いする必要がないというのは既にお伝え済みですね。→ヘアケアの 「ライン使い」 やめませんか。…しかし正直なところライン使いなんかやめたほうがいいなんていうことをいきなり言われても、一般の人からしたら「じゃあ一体何を選んだらいいの?」というふうに・・・続きを読む

シャンプーの洗浄格差シャンプーの洗浄格差

以前美容コラムで、「洗浄格差」というお話をしたことがあると思います。→「肌断食」「脱洗顔」は失敗する?~洗浄格差と変調期について~「洗浄格差」は現在特に科学的に立証されたものではなく、どちらかといえばかずのすけの持論に近いものです。なのであくまでこれはかずのすけの「仮説」のような・・・続きを読む
超簡単ヘアケア・・・? 「湯シャン」について超簡単ヘアケア・・・? 「湯シャン」について

「湯シャン」って知ってますか?これはつまり洗剤を使わずお湯だけでシャンプーをすることです。最近ちょっとずつ有名になりつつあるヘアケア法(?)の一つですね!ところで、湯シャンというと を思い出しますね(^^;かずのすけ、以前これに…・・・続きを読む
セッケン(石鹸)シャンプーが髪に合わないのは ~毛髪の構造と石鹸の性質~セッケン(石鹸)シャンプーが髪に合わないのは ~毛髪の構造と石鹸の性質~

セッケンについて、これまでいくつかその性質の特異性についてお話してきました。石鹸は危険?~意外と知らないセッケンの化学~界面活性剤のタンパク質変性作用 ~ラウリル硫酸より強いのは…~その他いくつかアップ済みですので、ブログ内検索で「セッケン」など調べてみてください!(サイドバーの・・・続きを読む
正しい石鹸シャンプーの使い方 ~石鹸のタブーとは~正しい石鹸シャンプーの使い方 ~石鹸のタブーとは~

石鹸シリーズの過去記事↓石鹸は危険?意外と知らないセッケンの化学界面活性剤のタンパク質変性石鹸シャンプーが髪に合わないのは石鹸シリーズの新記事もリクエストを頂きました。ありがとうございます(*^^*)というわけで今日は石鹸シャンプーの正しい使い方についておはなししたいと思います。・・・続きを読む

薬用シャンプーの副作用 ~フケ改善型シャンプー編~薬用シャンプーの副作用 ~フケ改善型シャンプー編~

以前書いたコラム→薬用シャンプーの落とし穴 の続きになりますね!医薬部外品のシャンプー、いわゆる「薬用シャンプー」にはある程度の効果が見込める代わりにその分の副作用のリスクがあります。もちろん医薬部外品有効成分といえど根本的には化粧品の括りですから医薬品のような副作用は警戒する必・・・続きを読む

薬用シャンプーの副作用 ~痒み改善型編~薬用シャンプーの副作用 ~痒み改善型編~

→薬用シャンプーの落とし穴 →薬用シャンプーの副作用 ~フケ改善型編~ 薬用シャンプーシリーズの続きです!今日は薬用シャンプーの基本三種のうち、<薬用シャンプー基本三種>1.フケ改善型(ジンクピリチオン/ミコナゾール硝酸塩/ピロクトンオラミンなど配合)2.痒み改善(抗炎症)型(グ・・・続きを読む

「市販のシャンプー」は使っちゃダメ?「市販のシャンプー」は使っちゃダメ?

「市販シャンプーは使っちゃだめ」なんてことを美容関係者はよく言います。ええ、僕も一昔前まではそんなことを良い回っていたような気もしますが、結局のところこれの真相はどうなのか…ちなみに結論だけ先に言っておきますが、、「健康でバージン毛で敏感肌じゃない人なら特に問題はない」と言ったと・・・続きを読む
『ラウリル』と『ラウレス』の違い、知ってますか?『ラウリル』と『ラウレス』の違い、知ってますか?

「ラウリル硫酸ナトリウム」と「ラウレス硫酸ナトリウム」をご存じでしょうか。どちらも毛髪や地肌に対して刺激のある洗浄成分として化粧品成分を齧った人の間ではよく知られている洗剤の名前ですね。ラウリル、ラウレス…と検索エンジンで検索すれば、悪いうわさが湯水のように湧きあがります。そして・・・続きを読む

シリコンはなぜ嫌われる?~ノンシリコンブームの影~シリコンはなぜ嫌われる?~ノンシリコンブームの影~

前記事はこちらシリコンは無害・安全の超素材?~シリコーンを徹底解説~安全性と安定性を兼ね揃えたシリコーンですが、現在では多くの美容愛好家から非難の的となっています。それはもちろん、多くの方がシリコーンについての正しい知識を持ち合わせていないというのも理由の一つです。しかしシリコー・・・続きを読む

軋む?臭う?ノンシリコンシャンプーの是非軋む?臭う?ノンシリコンシャンプーの是非

前記事はこちらシリコンはなぜ嫌われる?~ノンシリコンブームの影~まんまとシリコーンを悪役に仕立て上げた中小メーカーたちは波に乗り、今では一~二年前には全く名の売れていなかったノンシリコンシャンプーがバカ売れ状態になっています。しかし実際にはこのノンシリコンブームは現在風前の灯火と・・・続きを読む
『ノンシリコンシャンプー』と『シリコンインシャンプー』について『ノンシリコンシャンプー』と『シリコンインシャンプー』について

→シリコンは無害・安全の超素材?~シリコーンを徹底解説~「シリコーン」についての話は美容コラムではしていましたが、ヘアケア関連の記事としては扱っていませんでしたね。美容コラムでのシリコーンのネタはどちらかと言うと・シリコーンは悪いものなのか?・ノンシリコンシャンプー関連の歴史的考・・・続きを読む
『シリコンインシャンプー』はダメージヘア用?『シリコンインシャンプー』はダメージヘア用?

→『ノンシリコンシャンプー』と『シリコンインシャンプー』について→資生堂 知ってなるほど化粧品 シリコーンについてダメージを受けて軋みや絡まりが気になる髪に、シリコーン配合のシャンプーは効果的なのか?今日はこのお話をしておこうと思います(^^)シリコーンは摩擦軽減などの効果…・・・続きを読む
「シャンプーをやめると、髪が増える」 読んでみました。「シャンプーをやめると、髪が増える」 読んでみました。

シャンプーをやめると、髪が増える 抜け毛、薄毛、パサつきは“洗いすぎ”が原因だった! (ノン…/角川書店¥1,365Amazon.co.jp美容整形外科の宇津城龍一先生著書、「シャンプーをやめると、髪が増える」読んでみました。宇津木先生は少し前に「脱洗顔」の本で話題になりまし・・・続きを読む
シャンプーを変えたら抜け毛が、、、 「抜け毛とは」シャンプーを変えたら抜け毛が、、、 「抜け毛とは」

「シャンプーを変えたら、抜け毛が増えました、、、」という相談をよく受けたり見たりするのですが、結論から言わせていただけば、シャンプーが原因で抜け毛は起こりません。もちろんシャンプーを変えて明らかに多くの髪が抜けた、という症例は嘘ではないと思います。実際にそのようなことが起こっても・・・続きを読む
「天然シャンプー」は存在しない?「天然シャンプー」は存在しない?

「天然シャンプー」なんていう言葉を最近よく見かけますね。天然物質100%の成分でできています…とか化学合成物質一切不使用…とかみたいな宣伝を行う業者がたくさんありますね。まぁ商品名が「天然シャンプー」なら文句は言いませんが、(オアシス天然シャンプーとかね)そもそも「天然シャンプー・・・続きを読む
「合わないシャンプー」はなぜ「合わない」のか「合わないシャンプー」はなぜ「合わない」のか

化学物質はなぜ嫌われるのかみたいなタイトルつけちゃいましたけど、、(^^;(僕オススメの本です。)「合わないシャンプー」 はなぜ 合わない のか?ずばり今日のテーマはこれですね。今までいろんなシャンプーや化粧品類なんかを試してきて、「これ私/僕には合わないなぁ・・・」と断念した経・・・続きを読む
「クレンジングオイルで頭皮ケア」について・・・「クレンジングオイルで頭皮ケア」について・・・

クレンジングオイルで頭皮ケア・・・なんていうのが最近Twitterやらで話題ですね。。なんでも脂性の地肌に効果的とかヘッドスパと同じ効果があるとか薄毛の改善にも繋がるとか・・・まさに様々な頭皮トラブルの悩みに効果的みたいです。で、実際のところどうなのか?って話ですよね。◎クレンジ・・・続きを読む
泡立ちの悪いシャンプーって…泡立ちの悪いシャンプーって…

例えばオーガニック気取り(化粧品にオーガニックというのはナンセンスなので、当ブログではオーガニック系の化粧品をこう呼ぶことにします)のシャンプーなんかに多いんですが、このシャンプーには増泡剤などの添加物が入っていないので、泡立ちが悪いです!!と言って泡立ちが悪いことを公言し…・・・続きを読む
「トリートメントの要らないシャンプー」今昔「トリートメントの要らないシャンプー」今昔

「トリートメントの要らないシャンプー」ってありますよね。一般的には「リンスインシャンプー」なんかが有名ですが、最近では特にリンスインというわけではないにも関わらずトリートメント不要!と広告しているシャンプーも少なくありません。今日は「トリートメン…・・・続きを読む
ハイブリーチ後のシャンプーハイブリーチ後のシャンプー

そういえば先日僕が髪を切りに行ったという話をしましたが、その時後輩も一人一緒に連れて行きました。彼は僕とは違う美容室に行ったんですが、オーダーがまさかの「金髪」・・・笑この歳でやるの!?と思いましたけど人生で一回はやっておきたいとのこと(^_…・・・続きを読む
シャンプーで髪は【変性】するの?しないの? ①シャンプーで髪は【変性】するの?しないの? ①

ちょっと前にこんな記事が話題になっていたんですね!→美容師が市販シャンプーのダメさを実験したブログが話題に→涙目になるパンテーン・エッセン…・・・続きを読む

シャンプーで髪は【変性】するの?しないの? ②シャンプーで髪は【変性】するの?しないの? ②

シャンプーで髪は【変性】するの?しないの?①結論から申し上げます。ラウリル硫酸Naなどの強い陰イオンを持った界面活性剤を配合したシャンプー…・・・続きを読む

お家で出来る!シャンプーの卵白変性テスト (準備編)お家で出来る!シャンプーの卵白変性テスト (準備編)

→結局「卵白変性」でシャンプーの良し悪しは判断できるの?はいでは、昨日お知らせしたように「お家で出来る!シャンプーの卵白変性テスト」のやり…・・・続きを読む

お家で出来る!シャンプーの卵白変性テスト (実演編)お家で出来る!シャンプーの卵白変性テスト (実演編)

お家で出来る!シャンプーの卵白変性テスト (準備編)では実験を始めましょう!最初に用意するのは、↓こちらの透明カップです。今回の実験ではこ…・・・続きを読む

ポリクオタニウム-10(カチオン化セルロース)についてポリクオタニウム-10(カチオン化セルロース)について

前記事↓カチオン界面活性剤の刺激について「ポリクオタニウム-10」という成分があります。この成分は現在頻繁にシャンプーの添加物として加えられており、帯電防止作用や微弱な保湿作用など、毛髪に対するコンディショニング効果があります。→ポリクオタニウム-10よくインターネットの化粧品成・・・続きを読む
シャンプー&トリートメントが肌荒れやニキビの原因に?シャンプー&トリートメントが肌荒れやニキビの原因に?

意外と盲点な話。 ニキビなどの肌荒れでスキンケアに凝りだす人は多いですが、 その肌荒れの原因が実は「シャンプー」や「トリートメント」にあるケースも少なくありません。 この場合どれだけスキンケアに手を加えたところで肌荒れはすぐには治らないです。 今日は「シャントリが原因になっ・・・続きを読む